注意!インチキ業者

アパレルの買取業者も様々ですが、中にはインチキ業者、ブラック業者も存在します。そこで、買取を依頼してはいけない業者を、専門家の立場からリストアップしてみました。

 

こんな買取業者には依頼してはいけない、ベスト5

1、古物許可証を持っていない業者

私たちがお客様より買取を行うには、古物商の免許を取得する必要があります。ときどき、Webページに免許証を掲載していない業者を見かけますが、これはおそらく違法業者です。買取を依頼される方も、十分にご注意ください。

 

2、査定を「一式○○○円」で回答する業者

複数の商品を買取をする場合、当社の場合は「Aは○○円、Bは○○円・・・・」と1点ずつ金額をお出ししますが、大手の買取業者ほど、「一式いくら」で回答する場合がございます。このような業者には、買取を依頼しないようにする方が無難です。

商品によっては、非常に低い評価(たとえば100円とか)の場合がありますが、それがどの商品かわからないからです。あまりにも低評価の商品は買取をお断りし、他店に持ち込む方がいいでしょう。

 

3、詳しくヒアリングしない会社

高く買取してくれる業者は、商品コンディション購入時期購入場所タグの有無・・・などについて、できるだけ詳細にヒアリングをします。それをせずに、大雑把な金額だけ提示し、「あとは取りあえず送ってみてください」、という業者も存在しますが非常に危険です。なぜなら、商品が届いてから減点項目を見つけて、当初の査定よりもはるかに安い金額を提示してくる場合があるからです。

 

4、専門性がない買取業者

買取は、そのブランドに合ったお店を選ぶといいでしょう。たとえば、大手の古着屋チェーンに持ち込むと、二束三文で買い叩かれてしまいます。洋服を売ったことはなくても、古本をブックオフに売った経験がある方は多いと思いますが、恐ろしいほど低評価ではなかったですか?

これと同じで、大手チェーンは商品の価値がわからないアルバイトが査定をするので、大抵安い査定になってしまいます。ですから、ブランド物は特に、専門店に買取を依頼しましょう。

 

5、近所の古着屋

ご自宅の近所にある、古着全般を扱っているようなお店も避けましょう。理由は上記と同じです。ちょっとマイナーなブランドになると評価ができないので、安く査定されてしまうからです。面倒でも、インターネットで検索して、ブランドに合った業者を探しましょう。

 

以上、参考になりましたでしょうか?

当社の場合は、ストリートやドメスティックに強い会社ですが、無印良品や、ユニクロのようなブランドには、低い評価しかできません。ですが、このサイトに掲載しているようなブランド(エイプ、ネイバーフッド、VISVIM、ナンバーナイン、マスターマインド等)については、高価買取が可能ですので、ぜひ当社にお問い合わせ下さい。

  1. No comments yet.
(will not be published)